--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/01/13 (Sat) バンコク&シエムリアップ旅行記~アンコール遺跡編~


朝7:30の飛行機に乗り、
あっという間にシエムリアップ空港に到着。
事前にVISA取得しておかなかったので、
ちょっとあせってダッシュで申請コーナーに行き、
これまたあっという間に取得出来、ちょっと拍子抜けな入国でした。。。

これからの3日間は、日本語を話すカンボジア人ガイドさん付きです。
今回の私たちのガイドは、26歳の小さくてかわいいチャンくんです。
アンコールワットのすぐ近くで育ったチャンくんは、
小さいときから毎日アンコールワットで遊んでいたそうです。
ものすごい遊び場ですよね。。。

DSC_0095.jpg

チャンくんのかわいらしさは、この写真では伝わりませんが、
見た目ではなく、性格がまじめで一生懸命でとってもキュートでしたっ。






ホテルに寄ることもなく、そのまま遺跡巡りのスタートです。
まずは、アンコール・トム(12世紀末に出来た城塞都市)。

DSC_0050.jpg

一辺3km中に色々あるので、ピンポイントを車で移動しながら観光です。
ここで一番有名なのが、バイヨン寺院。
四方に観世音菩薩像が彫られているので、悪さは出来ません。

DSC_0053.jpg

ここでは、韓国人ツアー客がめちゃくちゃ多くて、
みな必ず自分を入れて、ポーズを決めて記念写真を撮っています。
・・・っつーか、じゃまだからっ(汗)。

続けて、タ・プローム遺跡へ。

DSC_0071.jpg

ここもけっこう有名で、スポアンと呼ばれる木がからみつき、
遺跡を日々破壊し続けています。
下手に切り倒すと、遺跡もくずれてしまうほどに根が張り出しているので、
手がつけられない様子で、自然の力を感じられる場所でした。

DSC_0080.jpg


ほかもいくつかまわるうちに、お昼になってしまいました。
カンボジアツアーには食事もすべて組み込まれていて、
いかにも仕組まれたような、ツアー客ばかり集うレストランに
連れて行かれました。
席に座ると、「ふたりでこんなに食えるかよっ?!」っていうくらいに
次々と料理が運ばれてきて、少食夫婦にとっての飽食地獄のスタートです。

DSC_0082.jpg

左のココナツに入っているのが、カンボジア料理の代表アモック。
魚や肉をココナツで蒸し煮したもので、なかなかいけます。

ここでやっとホテルに連れて行ってもらえました。
たぶん「中の下」くらいのクラスだと思うけど、
中庭にプールがあって、お部屋も広くて、なにより新しくて素敵でした。
(たぶん、シエムリアップのリゾートホテルは、
どこもこの5~6年のあいだに新築されたものだからです)

DSC_0083.jpg


午後は、メイン(なのか?)のアンコール・ワットです。

DSC_0092.jpg

一番驚いたのは、めちゃめちゃ観光客が多いことっ!!!
観光バスが10台以上連なり、うちみたいなワンボックスから
トゥクトゥクまで、数えきれないくらいに停まっており、
中へ入る参道には人があふれかえっています・・・。
思わず引き返したくなる気持ちでしたが、
我らがガイドのチャンくんは、とってもまじめくんで、
各ポイントで必死に歴史背景を語ってくれます。
たとえそれが、韓国人ツアーのどまんなかであっても・・・(汗)。
チャンくんの誠意にこたえるためにも、広い回廊を人ごみに
うんざりしながらすべての解説に耳をかたむけ、
お約束の中央祠堂を上ることにしてみました・・・。
ちなみに私、高所恐怖症です。。。

DSC_0099.jpg

こんなかんじで、

DSC_0101.jpg

こんなかんじ。
チャンくんが「下見ちゃだめですよっ♪」っていうから、
目の前の石しか見てない私を、崖なんてお得意の夫が上から余裕で撮影。

この後、手すり付の下り階段で、嫌でも下が見える状況下に
右太腿をプチ肉離れ(つりかけた?)し、その後、
足を引きづりながら、遺跡見学を続けた私です。。。(涙)

夕日が素敵に見えるというポイントのプノンバケンに行くと、
さらに観光客が終結していて、「一体なんのお祭りだいっ?」って
いうくらいの人ごみにうんざりしてしまい、
夫のみ遺跡に上らせて、私は下で休んでました。
(ほんとはもう高いとこに上るのが恐かっただけ・・・)
そして、夫が撮ってきた写真がこれ。

DSC_0106.jpg

夕日は・・・?

人ごみにすっかり疲れて、夕食会場に移動してみると、
これまたツアー客ばっかりが集まって、ビュッフェ&ディナーショー。
古典舞踊として登場した女の子たちのアプサラダンス。

DSC_0111.jpg

昔、バリ舞踊をよく見ていた私にとっては、学校の発表会レベル。。。
いちおう証拠写真だけ撮って、早々にホテルに帰りました。
翌日は5:30にスタートなので、これまた即座に就寝です。




わたし | trackback(0) | comment(0) |


<<バンコク&シエムリアップ旅行記~アンコール遺跡編~ | TOP | バンコク&シエムリアップ旅行記~バンコク前編~>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mugitan.blog56.fc2.com/tb.php/248-31b868b3

| TOP |

プロフィール

satomin

Author:satomin
~麦~
B.D.:2003.11.10
性別:♂(去勢済み)
毛色:クリーム
  (かなりの小麦色)
特徴:背中につむじ
   しっぽがながい
   引き締まった体と
   細長い手足

八ヶ岳南麓で
Love&Peaceを目標に
暮らしてます。
飼い主、アロマセラピスト。

飼い主の別ブログ
「aroma&spice」
ゆっくりとはじめました。
アロマのこと、日々のこと、
八ケ岳生活をつらつらと。。。

カレンダー

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。